2013年02月19日

はじまりの黄色

二十四節気で、今の時節は「雨水(うすい)」
…降る雪が雨に変わる頃という意味で、冬の寒さも峠を越えるときとされています。



春がきて、少し暖かくなると、まずはじめに花をつけるのが、黄色の花をつける花木。マンサク、サンシュユ、アブラチャン・・・兼六園では、ロウバイが見頃だと聞こえてきました。
ki.jpg
「サンシュユ」
ki1.jpg
「レンギョウ」


それを追うように、野にもナノハナやタンポポといった黄色い花が咲きます。

ki4.jpg
「ナノハナ」
ki2.jpg
「スイセン」

春の陽光を感じさせる明るい黄色は、幸福感や元気を与えてくれます黒ハート


ki3.jpg
「アルストロメリア」

先日、お花を贈る機会に恵まれたので、黄色の花を中心に束ねました。その日にきれいだった色を何気なく選んだのですが、黄色は、なにか新しいスタートに、新しい季節にはよく似合う色だと感じました。


早く自然に咲く黄色を見たいですね芽
posted by greens-complex at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62662663
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック